2018年03月25日

高松高校・附属高松中合格への第一歩

高松高校・附属高松中合格専門塾EQZ、塾長のThat's done[雑談]です。

大層なタイトルの割には雑談です…笑

新中3生はもう満杯なので、ご希望の方は順番待ちでお願いいたしますね。と言っても、順番が回ってくるかどうかお約束できないのですが…すみません。既に順番待ちの方もいらっしゃるので、受けていただける可能性は低いとは思いますが…。本当にすみません。

新中3以外の方は…あと1名2名ぐらいなら…大丈夫かな?と思います。

二つの観点から、遅くても中2の夏休みぐらいまでには来ておいて欲しいと思っています。

一つ、単純に当塾の座席数の件です。中3になると当塾では満席になってしまうことが多いですので。ご希望いただいても受講していただけないわけですね。中3になってから、どうしても国語ができないので…と言われると、どうにかしてあげたいと思うのですが、なんせ塾長一人で指導していて、ちゃんと見られる人数が限定されてしまいます。お断りしなければなりません。非常に心苦しいのです。いやホントに。

中3になってから通おうかな?と思っていても、イザ行こうと思ったら満席で行けない…これは、ご家庭も僕もお互いに辛いですもんね。

もう一つ、助走期間はあった方が良いのです。早い方が有利に進められるのは間違いないです。本格的な受験勉強は中3の夏ぐらいからになるでしょうが、それまでに、ある程度の知識を身につけ、練習ができていると、比較的楽に合格に持っていけます。早めに読解問題の解き方のルールを知って練習を積む、社会や英語の知識を増やしていったり練習をする方が良いのです。

結局、決断の遅さはお子さん自身の勉強の負担増につながります。どこの高校でも良いというのであれば、そりゃ点数に応じて決めれば良いのです。別にそれに反対するわけではありません。が、行きたい学校があって何としても…であれば、それだけすべきことが増えます。点数が十分でなければ更に負担は増えます。でも、僕としても合格させようと思えば、負担をかけてでも点数を伸ばす方向に舵を切らざるを得ません。

合格点を超えるために100のすべきことがあるのであれば、中3になってからだと約11か月で仕上げなくてはならない。1か月あたり9程度を負担しなければいけない。でも、中2から始めていると約23か月あるので、1か月あたり4程度の負担で済む。倍以上の負担を強いなければいけなくなるわけですね。

他の塾に行っていたけど全然ダメで…と駆け込んでくる人も多いです。そんなの最初から分かっているんじゃない?とも思ったりするわけですが…笑…。決断は早い方が救われますよ。点数が伸びたものの、残念ながら志望校までは届かなかったご家庭、不合格になってしまったご家庭からは、定例句のように言われるんですよ。

>もっと早くこの塾に来ていれば…


数学理科も含めて、実力のある塾、点数を伸ばせる塾に早く切り替えて欲しいと願うわけです。


☆EQZライン、友達登録者限定情報準備中です。
友だち追加



posted by eqz at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

合格に必要なこと

高松高校・附属高松中合格専門塾EQZ塾長です。以前の記事の続きです。
http://eqz.seesaa.net/article/457980822.html

人生において或いは人として、点数より大事なものがある、という意見もありますよね。全くその通りだと思います。思いやりの心や努力する姿勢など重要なことはたくさんあります。点数が全てではない、思い切って言えば、点数なんかどうでも良いと僕自身も思っています。ただ、それは人生において或いは人としてです。

受験においては点数が大事だと言っているわけです。努力はしないのに100点取れる子、努力するのに70点しか取れない子、受験で合格するのはどちらか?ということです。まあ、現実的には努力せずに100点を取れることも無いので努力はするわけですが…。

僕が請け負っているのは、その受験における点数の部分です。塾の通う価値はそこにしかないと思っているからですね。

楽しく通えるけど点数が伸びない塾と、大変だけど点数が取れるようになる塾とどっちを選ぶのでしょうか?最終的にはそれぞれの家庭の価値判断によりますけどね。

当塾で点数は取れるようになるのか?に関して、既にこのブログ内で平均点として公表していますので、あちらこちらご覧になってください。また、公表はしませんが、入試当日の点数が過去最高であったというご連絡も当たり前のようにいただいております。

合格のために必要なのは何ですか?点数ですか?それとも、「未来を切り開く力」みたいなわけの分からない抽象的なもの、ですか?


点数が取れなくて苦しい思いをするのは誰ですか?お子さんがそういう思いを抱いてしまうわけですね。お子さんは苦しみつつもそれを解決する方法が思い浮かんでいないのかもしれません。それを解消しようとしてアクションを起こさなかったのは誰ですか?このままでは合格できないかも…と思いつつ、何も対策をとらず、お子さんに提案もしなかったのは誰ですか?

提案してもお子さんが拒否すれば、まあ、それはそれで仕方ないですけどね…

新中学3年生の皆さんは受験まで1年です。この1年間というのは、苦手な科目を点数で取れるようにするためには最低限必要な時間です。苦手ということはマイナスになっているわけです。それをプラスに持っていこうとすれば時間はかかります。それが1年はかかるということです。つまり、今からすぐにスタートしないと間に合わないと言っても良いです。何となく言っているわけでもなく、脅しで言っているわけでもありませんよ。数字が証明していることなのです。これも、このブログ内で公表している点数の推移をご覧いただければ分かることです。

新中学1年生、2年生の皆さんはまだ受験までには時間があります。中学3年生になるまでに、積み残しをできるだけ少なくしておいて欲しいですね。「積み残しが少ない」とは、できないこと・分からないこと・覚えていないことがあまり無い、という状態です。そのためには、できるだけ早めに信頼できる塾=ちゃんと点数が取れる指導をする塾を選んでコツコツと勉強しておくことです。そうすれば後々楽になります。


ライン友達登録者限定の情報配信準備中です
友だち追加






posted by eqz at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

香川県公立高校出願者数

高松高校合格専門塾EQZ、塾長のThat's done[雑談]です。

公立高校の出願者数が発表になりました。記事によると「例年並み」だそうです。というか、公立高校の定員数は1.25前後になるように設定しているので、「例年並み」になるのは当たり前の話です。

もちろん各高校によって倍率の上下動はあります。大事なのは、そういった数字に惑わされないこと、どうであれ動揺しないことです。倍率がいくらだろうが、点数をとれば合格しますので。

必要なのは点数です。点数で合否が決まります。当塾で指導するのは「点数を取ること」です。入試で合格点をおわ回ること、内申点でも一定基準に達すること、これが全てであり、当塾ではそれらの点数を取ることだけを考えて指導しています。

真の学力とか将来を見据えた学力とか、何かよく分からないものをご希望の方は他の塾を選べば良いでしょう。

合格するための点数が必要であれば、当塾にてどうにかします。

下記は当塾生の診断テスト5科の平均点数の推移です。点数を取っていませんか?
5kasougou.jpg

大事なのは点数です。







posted by eqz at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

高松市国語塾の夏期講習

夏期講習、中3生は連日12時間の勉強を続けています。夏期講習が始まってまだ10日ですが、この間だけの勉強時間は既に100時間以上にもなります。
※塾に12時間いる=休憩などを除いて10時間勉強として×10日間

☆あるA塾の夏期講習
1日3時間×18日間=合計54時間

☆あるB塾の夏期講習
1日1.5時間×20日間=合計30時間

他塾での夏期講習全体を通しての勉強時間を、当塾生はこの10日間だけで超えています。しかも圧倒的に超えています。

量は力です。

成績が伸びない最も大きな要因は「時間が足りていない」です。昼まで寝て、午後からチョロッと塾に行って、帰ってからは宿題ぐらいはするかもしれないけど、結局ダラダラと過ごしてしまう…本当にそれで伸びると思っているのでしょうか?

力は量によって養われます。

勉強のやり方がどうのこうのという以前に、そもそもの勉強時間を確保すべきです。

今日は日曜日ですが、日曜日も12時間続ける生徒が多いです。受験勉強に曜日は関係ないですからね。


---------------------------
2016年夏期講習…満席
2016年冬期講習…満席
2017年春期講習…満席見込み
2017年通常授業…満席見込み
2017年夏期講習…満席見込み
2017年冬期講習…満席見込み
---------------------------
posted by eqz at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

高松市夏期講習

夏期講習が近づいてきています。

夏を制する者は受験を制するとよく言われます。大切な時間ではありますが、受験を制するとまでは言えないと思っています。もっとも大切なのは、継続することです。夏休み期間だけでなく、その後も、ずっと、続ける。
諦めず、くじけず、奢らず、怠けず、コンスタントに続ける。

夏期講習期間中は、その大きなきっかけになるかと思います。つまり、完全に受験体制を整える機会になるということです。

部活も終わりました。1日をどのように使おうと自由になります。間違っても、毎日ダラダラと昼頃まで寝て、塾に少しの時間だけ通って、あとは、宿題だけを済ます…では、受験体制を整えるという趣旨から考えると、全く意味がありません。

そういったことを念頭に当塾では、毎日朝9時から授業開始です。

夏を制する者は受験を制するとか何とか格好良いことは言いながら、
・授業はお昼からです
・授業時間は3時間です
という塾の底の浅さが見えますよね。自分達の楽さを優先しているという魂胆が丸見えなわけです。


--受講に関して-------------------------
お申し込みが殺到しており、現在、お申し込みを一旦休止させていただいております。
2017年度末まで予約の方で満席になっております。

2016年夏期講習…満席
2016年冬期講習…満席
2017年春期講習…満席見込み
2017年通常授業…満席見込み
2017年夏期講習…満席見込み
2017年冬期講習…満席見込み
---------------------------
posted by eqz at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする