2017年11月16日

高松高校受験国語塾

塾探しをしている方、当塾に興味のある方に、当塾に関する情報をお伝えしようと思います。

■基本的に国語塾です。「読解問題の解き方のルール」に基づき、国語の読解問題の練習をしていきます。教科書内容の国語も対応していきます。「読解問題の解き方のルール」は、高松市内では当塾でしか指導できないものと思われます。他の塾で国語を習ったお子さんの中で、当塾が指導しているような「読解問題の解き方のルール」を習ったことがある子はゼロです。今まで誰一人として他の塾では習っていないのです。つまり、他の塾では指導できないということです。

読解問題の解き方のルール」を知らずにいくら練習しても無駄ですよ。+、-、等の記号の意味を知らずに計算ができますか?できませんよね?それと同じことです。

国語の成績の伸びは既に数字で証明している通りです。

「読解問題の解き方のルール」に基づいて、確実に国語の力をつけていくことができる唯一の塾です。

点数が大事です。将来を見据えた指導とか、真の学力とか、訳の分からないことは言いません。点数が必要なのです。点数を取ることだけを考えています。内申点をアップするには点数が必要です。入試で合格を勝ち取るには点数が必要です。将来がどうのこうの、真の学力がどうのこうのという以前に、目の前のテストで点数を取ること、これが一番大事ではないのですか?

静かな塾です。生徒が10人いたとしても誰もいないのと同じぐらい静かな環境です。当然の話ではありますが。学ぶ意欲のある生徒が集中できる環境を提供するのは、塾として最低限のことです。教室内にある音というのは、塾長が生徒に対して指導する際の声だけです。学ぶ意欲のある子には最高の環境と自信を持って言えます。

続きます。
posted by eqz at 00:00| 塾長の指導観・受験観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

高松高校逆転合格の秘訣

1日2時間しか勉強しなかった子が、1日10時間勉強するようになる。「よく頑張っているよね」という感想を持つこともあるかもしれません、頑張っていません。当たり前が変わったのです。

頑張らないのです。「当たり前のように勉強する」ことを習慣づけることが重要だと思っています。

1日10時間歯を食いしばって勉強はできません。でも、毎日のルーティンワークであればできるはずです。確かに1日2時間→10時間になる段階は頑張るかもしれません。 でも、それもほんの数日です。すぐに慣れます。

・休日も朝学校に行くのと同じ時間に起きる。
・準備ができたら塾に行く。
・塾に行ったら8時間、10時間と勉強を続ける。
これが受験生として当たり前の行動として習慣づけるわけです。

当たり前のように行動し、
当たり前のように勉強し、
当たり前のように成績を伸ばし、
そして、
当たり前のように合格する

当塾が高松高校に逆転合格者を出し続けられる秘訣の一つだと思っています。
posted by eqz at 00:00| 塾長の指導観・受験観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

品質の違い

成績が全然伸びないと言って大手塾をやめた生徒の国語のテキストです。

DSC_0398-2.jpg

どう思いますか?
ひどいにもほどがあると思いませんか?

間違いは間違いで構わないのです。仕方ないのです。それを何が間違っていて、どう解けば〇になるのかを指導していかなくてはなりません。ところが、この塾では画像の通りです。完全放置です。最後の記述問題なんかこの生徒のどこが〇でどこが×なのか、全く指導がありません。見てもいません。単なる○つけですよね。

これを大手塾では「質の高い授業」と呼んだりしています。嘘っぱちだということがよくわかりますね。

週に1回1時間程度、このレベルの授業を受けて、成績が伸びると思いますか?


当塾での指導の様子はこんな感じです。


posted by eqz at 00:00| 塾長の指導観・受験観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする