2017年04月23日

高松高校合格に向けた取り組み姿勢

EQZという塾は、一体何をやっているのか?

とある塾長さんから言われています。その塾の生徒さんがEQZにも通うようになると…

・国語ができるようになるのは間違いないのだけれど、それ以上に驚くのは、どの生徒も取り組む姿勢が変わってくる、きっちりと点数を取るようになってくる、受験に立ち向かうという覚悟ができてくる。

という変化があるそうです。そして、冒頭の

・一体どんな指導をしているのか?

という疑問につながるわけですね。

何をやっているのか?何をやったら生徒がそんなに変わってくるのか?と言われても、当たり前のことをやっているだけという意識なので回答に困りますけどね…

むしろ、生徒の方で覚悟を持って通って来てくれるのであれば、あとは「正しい方向に背中を押すだけ」でどうにかなることの方が多いです。

posted by eqz at 00:00| 塾長の指導観・受験観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

高松高校合格のための定義

中学3年生に、学習行動指針なる文書を配布し解説しました。要は、定義集です。

勉強とは何か?
塾とは何をする場なのか?
今からの3か月間は何をするべき時期なのか?
何を気にするべきで、何を気にしなくて良いのか?
学校、家庭、塾、それぞれ何をするべきなのか?

等の定義です。数年前からこれは毎年少しずつ改定しながら、生徒たちにレクチャーしています。

効果はあるのか?

上記の、国語の点数の推移を見れば一目瞭然ですよね。あり得ないぐらいの成果につながります。逆に言うと、これがない塾にはいくら通っても絶大な成果にはつながらないということです。


posted by eqz at 00:00| 塾長の指導観・受験観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

高松高校逆転合格の技

他の塾では諦めなければいけない点数であっても、EQZなら合格できるのはなぜか?

上記に国語の点数の平均点の推移も掲載していますね。繰り返しますが、これは平均点です。誰か一人だけが素晴らしい成績を取ったというわけではありません。全員が伸びているということです。他の塾では無理でしょう。EQZなら可能なのはなぜか?

発想自体がそもそも違います。

いかに理解させるか、どうやって教えるか?等に力点が置かれる塾がほとんどだと思いますが、EQZでは根本から違っています。塾というのは何をする場所なのか?という定義から異なっていると思います。

塾に問い合わせ、質問するだけでその力量は推し量れます。「どういう指導ですか?」という質問に対して「教え方」を答える塾は通う価値は無い塾です。点数を伸ばす塾としては不適格という意味です。まあ、気休めに行くなら良いかもしれませんけどね。


posted by eqz at 00:00| 塾長の指導観・受験観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする