2018年05月28日

テストの後にすべきこと

高松高校・附属高松中合格専門塾EQZ、塾長です。

中間テストも終わりました。附属高松中学校の生徒は、国語が難しかったと心配げに話してくれていました。まだ問題を見ていないので分かりませんが。

中3生は中間テストが終わったと思ったらすぐに診断テストですね。それが終わったと思ったらまたすぐに期末テストと。嫌でも受験生だという自覚を促してくれそうです…笑

中学3年生は、このようにテストが終わったらまたすぐに次のテストというスケジュールは1年間続きます。次のテストの対策、また次の対策と、次々と考えていかなくてはならないのですが、その前にちょっと立ち止まってして欲しいことがあります。

終わったテストの見直しですね。普通の「抽象的なことしか言えない塾」だと「見直しをしなさいよ」とか「解きなおしをしなさいよ」的な意味のない声掛けしかしていないと思います。

当塾では、すべきことを具体的に語ります。抽象論でも精神論でもありません。実践的な具体的な方法論です。

見直しをすべきなのはもちろん国語だけではないのですが、国語に絞って言いますと、まず、読解問題と語句系知識問題に分けてください。

読解問題の×になった問題に注目してください。何が悪くて×になってしまったのか?という分析が必要なのです。原因は大きく分けて三つに分かれます。
1.ミスをしてしまった
2.読めていなかった、書けなかった
3.全然分からなかった
です。

このうちの「3全然分からなかった」は良いのです。気にすることはありません。そのテストの段階でその問題の正解をとるだけのレベルに達していなかったということです。それは今後の練習を積んで力をつけていくしかありません。

続きます。
続きは高松市中学生国語塾ブログをご覧ください。







posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

読解問題の解き方のルールの意義

高松高校・附属高松中合格専門塾EQZ塾長です。

何が書いてあるのか文章の意味を考えなさい…国語ができない生徒にこういったアドバイスをする指導者もいるかと思います。恐らくそういう指導者がほとんどだろうと思います。信用なりませんね。

文章の意味が分かった方が良いのか分からなくても良いのか?そりゃ分かった方が良いですよ。間違いないです。しかしながら、実際のテストで文章の意味が分かるとは限りません。

当塾で、定番のように毎年使う問題集があります。とある文章が難解なのです。生徒に「この文、意味わかるかな?」と尋ねますが、毎年毎年全員が「分からない」と答えます。でも、正解は取ることができます。正解をとらなけばなりませんよね?

入試で意味が分からない文章が出たらどうするのでしょうか?意味を考えなさいと指導している人は、そういったケースにどう対応しようとしているのでしょうか?この文章は意味が分からないから飛ばす、ということも入試においてはできません。また今度というわけにはいかないのです。何が何でもその文章に取り組まなくてはならないのです。

文章の意味を理解してから解きなさい等と甘えたことを言っている指導者はそのあたりが分かっていないのだろうと思います。

結局、点数をとる指導ができなければ、読解力をつけるとか、行間を読むとか、抽象的なことを言わざるを得ないわけです。だから文章の意味が分かっても点数が取れないままと。

一方、当塾では読解問題の解き方のルールを学んでもらいます。文章の意味が分からなくても点数は取る、ということです。

文章の意味が分かるけど〇が取れない、文章の意味は分からないけど〇が取れる、入試で合格するのはどちらですか?ということです。


☆EQZライン、友達登録者限定情報準備中です。
友だち追加



posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

国語ができるようになるイメージ

=== 記事はここから ================
高松高校合格専門塾EQZ、塾長のThat's done[雑談]です。

国語ができるようになるイメージを作ってみました。

◆1 正解とは随分ズレがあります。緑、青、黄色は、例えば、記述問題とか内容把握等の設問を指します。
EQZ pint1.png

◆2 練習を積んできました。まだズレが目立ちます。諦めず挫けず凹まずに…
EQZ pnt2.jpg

◆3 徐々に正解に近づいてきました。良いね、良いね、良い感じだね。
EQZ pnt3.jpg

◆4 黄色がちょっと違う方向にずれてしまいました。あら?どうしたの?もう一度修正かけようね。
EQZ pnt4.jpg

◆5 それでも継続した結果、正解に近づいてきています。良くなってきた、それそれ、頑張れ。
EQZ pnt5.jpg

◆6 ようやくほとんど正解になってきました。とても良いね。大願成就っていうやつかな?
EQZ pnt6.jpg

めでたしめでたしと…こういう流れになるわけです。


「◆1」の状態から「◆6」の状態まで、ずっと継続して練習して1年ぐらいはかかりますよ。つまり、入試に間に合わせようとしたら新中3になる段階ではスタートしていないと間に合いません。

でもね、本当は、中2までにそこそこ仕上げておくと中2になってから楽なのです。「◆4」程度までになっておくと後は一気に仕上げることができますからね。


EQZラインの友達登録者をして、友達限定情報を見る↓

友だち追加








posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

高松高校逆転合格の前提

診断テスト190点以下からでも、当塾生は逆転合格していきます。

と言っても、190点以下だった子がいきなり入試当日に高得点を取るというわけではありません。ジワジワと点数を伸ばしていって、最終的に逆転合格するということです。

ただ、それにはいくつか前提があります。そのうちの一つが、当塾で指導している「国語読解問題の解き方のルール」を知っているということです。それが無いと勘で解いている、何となく解いている、ことになります。ちゃんと解き方を知った上での練習が必要です。

大手塾他、成績が伸びないからと言って転塾してくる子もいますが、「国語の読解問題の解き方のルール」を知っている生徒は誰一人いません。つまり、そんな指導はしていないということですね。

全国あちらこちらの上位校に進学する生徒は、それぞれの地域でちゃんと解き方のルールを習っているはずです。そういった指導をしている塾さんも知っています。が、高松ではちゃんと教える塾が無いんですね。

読解問題の解き方のルールを知っているというのは、点数を取るための最低条件ですよ。もちろん大学受験にもつながっていく内容です。

posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

国語読解問題でのミス

算数・数学では計算ミスで点数を落としてしまうことがよくあります。英語でもつづりのミスや時制のミスで落としてしまうこともあります。

では、国語はどうでしょう?

国語の読解問題はミスをするとはあまり認識されていないかもしれません。が、実際はミスはあります。しかも結構多いです。

ところが、生徒が言うには、読解問題を間違った場合、他の塾でミスを指摘されて事はないそうです。ちゃんと読めていないとか、もっとよく読めとか、行間を読めとか、ピント外れの指摘しかされていないらしいです。

当塾では、読解問題を間違った場合、何が原因で間違ったのかを説明して納得してもらっています。その積み重ねが点数アップにつながっていっているものと思います。

posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする