2016年12月14日

附属高松中学英語

附属高松中学で課題として出される実力錬成英語を徹底的にクリアーしていく実力錬成英語コースを2017年度からスタートします。徹底的にクリアーするとは、実力錬成テキスト+難関校向け問題集で同傾向の問題を繰り返してマスターしていくということです。

定期テストにも出題されますので、その対策にもなるでしょうし、難関私立高校受験希望者にはその対策にもなることと思います。

難関校向けの対策は下記の実績をご覧いただければ分かる通り、十分に精通していると思っています。

===難関私立高校合格実績===

早稲田本庄高・慶應女子高・渋谷幕張高・浦和明の星高・ 明治大明治高・巣鴨校・市川高・江戸川取手高等。

受付開始までもう少しお待ちください。国語と同様に、受け入れ人数は僅かになります。何卒ご了承ください。

posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

実力錬成英語

附属中学では、英語の実力錬成テキストを使用しています。正確には、授業中では扱わず、課題として出して、テストには出題するという形ですね。

実力錬成テキストは、首都圏などの私立難関校を受験する生徒が使用する問題集です。県立高校が中心の高松で、その問題集を使って一体何になるのか?がとても疑問に感じていますが、テストに出る以上仕方ありませんかね。

その実力錬成テキストを指導している英語塾さんもいくつかあるようですが、ちょっとね、生ぬるいと思っているんですね。そういった塾に通っている生徒に質問をしてみると、当然知っていなければいけないような知識が無いのです。私が首都圏で教えていた時に指導していたような「〇〇の法則」的なことを何も知らないんですね。そりゃダメでしょう…というのが正直なところです。

そう思うと、ちゃんと英語を教えなきゃという気持ちが湧いてきたわけです。


というわけで、2017年度から「英語実力錬成テキスト指導」のコースを開設しようと思います。受け入れられる人数はごく少数です。国語などを指導する本科のコースもそうですが、受け付ける時期になりましたら、申し込みフォームを設置します。時々このブログをチェックしていただければと思います。

posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする