2014年08月23日

高松高校合格のための社会

夏休みも大詰めの時期になってきましたね。学校の宿題はもう終わったでしょうか?毎年「果たして終わるのか?」とみている親の方がはらはらしますよね。

中3生は9月に入るとすぐに診断テスト第2回もあり、その準備も大変です。

さて、話は変わりまして、社会の話です。

恐らく、5科目の中で、対策が最も後回しにされてしまうのが社会ではないでしょうか?「社会は覚えるだけ」という認識なのかもしれません。「覚える」ということには反対しません。確かにその通りだと思います。

が、その「覚えるだけ」である「覚える分量」は果たして意識しているのでしょうか?

高松高校に合格する程度の点数を取るために必要な「覚える分量」は、べら棒にありますよ。直前になって重要なところを覚えてお終い、で完成できるような分量ではないはずです。

当塾では、ここ数年、夏休み中に最も時間を割くのは、実は社会です。

普通の塾では、夏期講習の授業で社会を1日40分、20日間やったとして合計800分です。13時間ちょっとです。

正直なところ、その程度の時間数では全く足りません。恐らく、ペラッと表面を舐めただけで終わっているはずです。

ましてや、よくある個別指導で、社会を1日80分×5日間…合計400分、7時間弱。こんなのでは、何もやっていないのと同義です。

常識的に、冷静に考えてみてください。中1中2の地理・歴史全部合わせて、7時間とかで足りると思いますか?


社会は覚えれば良いので最後に詰め込めばよい。という主張があれば、私は次のように反論します。

最後に急いで詰め込めるほど生ぬるい分量ではない





posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

社会が苦手

高松高校・附属高松中学合格専門塾EQZ 塾長です。

社会ができない要因の一つに用語が「抽象的である」という点があげられます。

・失脚しました
・社会は混乱しました
・社会の仕組みを元に戻そうとしました
・財政を立て直そうとしました
・権力を集めました

などという表現が出てきます。力量の劣る教師は、これをそのまま教えたりしているわけです。

なぜか?

教師自身もよく理解しておらず、教科書などに出てくる抽象的な表現をそのまま覚えているだけに過ぎないからです。

これは日本人の特性の一つとも言えるでしょう。 「頑張れ」と言ったところで何も解決していないのに気付かないのと同じようなものです。

これらの抽象的な表現は、小中学生が理解できるような具体的な表現に言い換えて説明する必要があります。

それをしないから、頭の中に残らないのです。単なる記号でしか残っていないのです。具体的な表現に直して尚且つ、ストーリー性を持たせれば、記憶できることは大幅に増えるはずです。

私の解説が「面白い、よく分かる、よく覚えられる」と言われるのはその点だと思います。
posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

高松高校合格のための社会2

高松高校・附属高松中学合格専門塾EQZ 塾長です。

社会は知識量がものをいう、というのは、確かに一つの真実だと思います。社会で点数が取れる取れないのは、知っているか否か、覚えているか否か、で決まる面はあります。私自身も、できるだけ多くの知識を身に付けてもらうように指導はします。

が、その反面、知識の深さの必要性を感じるのです。知識の深さとはどういうことか…

少し極端な例を出します。
「阪神工業地帯」に関して
・大阪から神戸にかけてが中心
・機械工業の割合が低、化学工業の割合が高め
・大阪は以前は綿工業が盛んで「東洋のマンチェスター」
 と呼ばれていた
・最近は、琵琶湖周辺や和歌山方面にも工場が進出
・地下水の組み上げすぎで地盤沈下の問題
等という説明がされています。

こういうのを覚えれば、確かに一定の点数獲得にはなります。が、
・機械工業とは何か?
・化学工業とは何か?
・マンチェスターって何?
・地盤沈下って何?
という知識がなかったり、ひどい場合は、大阪や神戸がどこにあるか分からない、地図上で指せない、という
ケースすらあります。
このレベルであれば、上記の説明を丸暗記したところで、理解はないわけです。彼らにしてみれば、意味不明の
記号の羅列と同じようなものです。

つまり、記号を覚えるのと同じようなものなのです。こうった状態を「知識が浅い」と言います。

だから、すぐに忘れるのです。意味の伴っていない記号を覚えているのと同じですから。

ナイル川、アマゾン川、メコン川、ライン川、等など、区別ができない子がいます。

そりゃ、そうです。これも彼らにとっては、単なる記号なわけですから。

この「知識が浅い状態」から、高松高校など上位校を目指そうというのであれば、それなりの時間はかかってしまいます。絵や写真なども見せながら、「単なる記号」を「意味のあるもの」に変えていかなければなりませんから。

中3の夏以降であれば、意味があろうとなかろうと、無理やりにでも叩き込むこともあります。が、本来は、意味のあるものとして覚えておいてほしいのです。

と考えると、社会を後回しにするという根拠はないように思いますけどね。


posted by eqz at 00:00| 高松高校合格の社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする