2018年01月16日

転ばぬ先の杖

高松高校合格専門塾EQZ、塾長のThat's done[雑談]です。最近は気軽に書けるので「雑談」ばかりになっております…

お子さんに幸せな人生を歩んでほしいと思うのは全ての親に共通した思いでしょう。だからと言って、転ばぬように何でも親が手を出し足を出して守っていくのはちょっと違うように感じます。

大事なのは、転んだ時にどうやって立ち上がるか?その方法を教えておくことではないですかね?

人生平坦じゃないはずです。良い時もあれば悪い時もある。転んだ時、躓いた時、凹んだ時、自分で立ち上がらなければならないのです。それを乗り越えていく力をつけなければいけないのです。

そもそも、いつまでも親が元気だとは限りませんもんね。親と子どもが近くにいるとも限りませんし。

どうしても手を出し口を出したくなりますが、気持ちとしては
・我が子よ、立ち上がれ! 困難を乗り越えていけ我が子!
ではないですかね?

受験もそうじゃないですか。行きたい学校があって点数が足りないのであれば、親が代わりに点数をとってやることはできませんもんね。子ども自身が乗り越えていかなければならないのです。


まあ、ハラハラ、ドキドキ、時には、イライラしますけどね…笑

posted by eqz at 00:00| That's done | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする