2017年08月22日

高松高校合格のためにやり切ったか?

早いもので夏休みも終わりに近づいています。長いと思っていた夏休みも振り返ってみればアッという間ですね。

さて、受験生はこの夏休み、やり切ったと言えるでしょうか?

当塾に通う生徒は、当塾の授業や他の塾も含めて1日10時間程度の勉強は当たり前のようにこなし続けてきました。この時間をかけた勉強は秋以降に効いてきます。秋から冬にかけて大切な診断テストも続々とありますが、伸びてこないのはこの夏の時間の使い方の甘さが大きいかと思います。

当塾では、診断テスト190点未満から高松高校に逆転合格するのは当たり前になっていますが、但し、逆転合格した全員がこの夏休みを長時間学習として活用するのが前提です。データでも既に証明されていますが、夏休みをこういった長時間特訓で乗り切っていない生徒の逆転合格率は、相当に低いです。ほぼ無理と言っても良いです。

この夏休みの活用の仕方で圧倒的な差がついた、ということですね。





posted by eqz at 00:00| 塾長の指導観・受験観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする