2017年07月01日

1学期末テストが終わって

1学期期末テストも終了しました。その結果を踏まえ、夏休みをどう過ごすかが重要なポイントですね。

テストが悪かった人は、大きな要因の一つに時間数の不足があるかと思います。 当塾では、テスト前は教室を開放しています。全員が他の塾との兼塾ですので、それぞれの都合に合わせて使ってもらっているのです。

生徒は、連日9時間ぐらいは塾にこもって、ほとんど休憩も取らずに、集中していました。大したものです。感心します。特に中学3年生は、内申点にもかかわってくるのでその重要性が分かっているということでしょう。

そういう訓練していませんか?

もしかして、テスト前の対策講座って名付けていても1日2時間ぐらいでお茶を濁しているような塾に行っているのですか?

それ以外に自宅で取り組んでいるのでしょうか?もし自宅でやっていないのであれば、実質、それだけになっていますよね。当塾の生徒との差は格段に大きいですよね。

今まで学年1位が取れなかった子が、当塾に通い始めて学年1位取れるようになるのは割と当たり前の話で、毎年
そういう子が出てきます。今まで国語で平均点ぐらいしか取れなかった子が、香川県統一模試でいきなり県内1位になったこともあります。

これも学習時間をちゃんと確保しているからこそですね。


posted by eqz at 00:00| 塾長の指導観・受験観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする